読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

On bullshit

色々な思い・考えを<好き勝手>に書き殴ります。

思ったこと 感じたことを そのままに

今日、退職願を提出してきました。

    害虫駆除の仕事を始めてもう少しで3ヶ月。
試用期間も終わり、本格的に会社に貢献していく時期に退職願を提出してきました。

    原因は完全に私です。
社員の方々はみんな優しく、良い人たちです。
まさに中小企業の良さを体現しているような集まりです。
だから疑いようがないんです。

    害虫駆除は車の移動がとても多いです。
細い道も行きます。
両側ギリギリの道もありました。

・事故率が高過ぎる。
この3ヶ月で何回傷をつけたでしょう。
TOYOTA車サクシードを両側共に傷物にしてしまいました。
その他の会社の車両にも傷をつけてしまいました。
唯一の救いはまだ物損や人や他車を巻き込んだ事故を起こしていないことです。

・運転に集中できない。
いつの間にか考え事(次の現場のことなど)をしてしまい、運転中の視界が見えなくなって、考えていることのイメージしか映らなくなってしまいます。
直そうと、音楽をかけたり、運転中の視界に入ってきた物を言うなりして視界が飛ぶことを避けようとしてきたのですが、あまり改善はされませんでした。
それどころか、あまりに視界に集中するあまり、前の車両を気にすると歩行者などの、それ以外の物が視界に入らなくなってしまい、むしろ危険でした。

・おまけに夜は道が見えない。
暗い雨天時、対向車が灯すヘッドライトのそばを走れば、おそらく道の上を走っているだろうという有様です。
雪が積もったら目も当てられない悲惨な結果は明らかです。
つまり、仕事以前の問題です

・次に仕事です。
まず薬の希釈計算などがすぐにできません。
希釈計算専用のアプリを入れて凌いでいましたが、どうしても遅くなってしまいますし、残量がある場合はお手上げの状態でした。

・当然トラップの位置を把握しなければなりませんが、それが覚えられません。
メモをしても忘れますし、メモしたこと自体を忘れますし、メモ自体をなくすことも多くあります。

・物との距離感がつかめません。
薬を散布する機械を持ちながら作業するわけですが、その機械をよく物や自分の体にぶつけます。
もちろんそれで壊れれば弁償して、会社が菓子折りを持って謝罪しに行くのです。
幸い私は顧客の何かを破損させたことはありませんが、なりかけたことは多々あります。

・人との距離感もつかめない。
たとえ相手が初対面の人でも、話をちゃんと聞こう、理解しようとして近づき過ぎてしまいます。
口のすぐ近くに耳を寄せるイメージです。
注意されて距離を置くのですが、そうすると様々な音や景色が視界に入るため、話を集中して聞くことができません。

・人の話を聞けません。
怒られている時も褒められている時も普通の会話の時も、集中して聞くことができません。
視界に映る物が気になったり、その人の顔の方が気になったりして、話がよく入ってきません。
よく「聞いてる?」とか「こっちを見て話せ」と言われます。
しかしちゃんと見て聞くと余計話がわからなくなります。
ちゃんと聞こうとすると、耳だけで聞いて頭の中で文章化させたほうがいいんです。
    また、急に用件だけを言われると何を言ったか全く理解できません。
「あの〜〜さん」などのワンクッションがないとわかりません。

・よく物を忘れる。
メモもそうですが、その他の道具もよく忘れてしまいます。
ボールペンはかなりなくしました。
仕事に必要な物を忘れて来てしまうこともありました。
誰でもあることだとは思いますが、怒らせたり
呆れられるほどになることはないと思います。

・正直に言ってしまう。
うまく仕事をするには遠回しに言う説得が必要だと思いました。
たとえば相手が「なんでこんなに害虫が多いの?」と質問した場合、他の方はうまく説明します。
しかし私の場合は「ここと、ここと、そこと、あそこが滅茶苦茶汚いからです」と言ってしまいます。
遠回しに言ったり、柔らかく言ったりすることができません。
だからと言って、メモを見ながらの会話なんて信頼してもらえませんし。


    これ以上ぶつけたら諦めよう。
これ以上何かしでかしたら辞めよう。
踏ん張って頑張るのも限度がある。
小企業で無駄な損害は社員の生活に直結させてしまう。
甘えるなんてことはできない。
それ以前に他人の物や命が危ない。

    私は入社後すぐに運転技術の低さを自覚して、帰りの途中にある駐車場などで練習してきました。
それでも変な自信がつくだけで、実力は何も変わっていませんでしたが。
試用期間中精一杯やったつもりでしたが、また起こしてしまいました。
しかもそれは先輩の誘導ありでのことです。
段々とパニックなっていき、誘導の言葉や身振り手振りが理解できなくなっていました。
もうどうしようもない。

    その日の内に退職願を書き、次の日の終業後に運転技術の未熟を理由に提出しました。
別に差して引き止められるようなこともなく、「無理やりやらせて事故を起こさせるわけにもいかない」と至極ごもっともな御言葉を聞きました。
「車を使うのが当然の仕事だから」とも。
ノックをしてから退出するまで、2分もかからなかったと思います。
    すぐに退社して1時間ほどの帰り道。
私は退職願を提出した時に聞いたことを反芻していました。
その時の「車を使うのが当然の仕事だから」という言葉を繰り返していて、次第にハッキリと浮かんできた言葉があります。
私は仕事以前の問題。私は仕事以前の問題。
8年ぶり位に大粒の涙があふれてきました。
私は仕事以前の問題で職を辞するのだと思うと、どうにもなりませんでした。
コンビニに寄って泣き止むのを待ちました。

    次はもう少し慎重に、自分の身の程をわきまえた職を探そうと思います。

今、害虫駆除の仕事してます。

社会 情報

 タイトル通りで、害虫駆除の仕事をしています。

そろそろ2か月が過ぎようとしています。

短い期間ですが、具体的な仕事内容と感想を書いてみたいと思います。

本来なら私のもう一つのブログ「動植物を愛でる」にアップするべきなんですが、多くの人に知ってほしいという思いで、こちらにアップします。

 

本記事目次

■経緯ー少しでも、好きな部分があるものを仕事にー

■主な仕事は3つ

■害虫駆除の現場

■私がやりたかったこと

■私が考える害虫駆除適性検査チェック項目

 

■経緯ー少しでも、好きな部分があるものを仕事にー

 私は就職に困っていました。

大学卒業後は世間的に言えばフリーターでしたが、ほぼニートのようなものでした。

いろいろな仕事を経験できたは良いものの、やはり負い目を感じていました。

 就活はしていたものの、

「会社や事業に興味はあるが、実際に自分がやる日々の仕事まで降ろしてくると、どうも興味関心が湧かない」

という状態でした(ただのワガママ)

私は就活の仕方が未だにわからないのです。

 そこで、

「自分が興味のあることを日々の業務で行っているところにしよう」

と思いました。

私が好きなのは、読書・勉強・登山・コケ植物・熱帯魚淡水魚・昆虫など。

どれも相当な努力を重ねないとなれない職業しかありません。

なら、下位から始めるしかありません。

そこで行きついたのが害虫駆除でした。

 当然実際の業務において知らなかったこともあり、

「こんなはずではなかった!」

という不満もありますが、

「これだ!こういうスキルを学びたかったんだ!」

ということもあります。

現在の満足度は50%ほどでしょうか。

 

 

■主な仕事は3つ

 仕事は大別して、駆除・防除・検査です。

 

・駆除

 ゴキブリなどを含む衛生害虫の駆除になります。

トラップ(業務用のホイホイなど)に捕まるゴキブリが多い、あるいはよく見かけるなどの情報があった場合に業務用薬品を用いて駆除をします。

 

基本的なステップとしては、以下の3ステップをサイクルします。

①設置していたトラップを確認する。

どこでいつ引っかかったかを考慮し、今後の処置を考えます。

②散布

必要なら薬剤の散布を行います。

③改善案の提供

どこそこの穴を埋める、掃除してもらうなどの具体的な改善案を提供します。

 

・防除

 衛生害虫が施設内に出るのが仕方ないところは、できるだけ出ないように効果が持続する薬剤を散布します。

それ以外は駆除の3ステップと変わりません。

ちなみに市販品はあまり効果がないというのが共通理解になっています。

 

・検査

 異物混入があった場合や、トラップを回収してどういう昆虫が多いか少ないか報告するために顕微鏡を使って対象を同定します。

同定とは動植物を学名まで突き止めることですが、業務上は「科」まで突き止められれば一人前です。

ただ、当然標本のようにキレイになっているものはありません。

「同定お願いします」と送られてきても潰れているものもあり、なかなか難しいです。

おまけに劣化して黒ずんでしまうと別種のように見えてしまいます。

 しかしよく見る昆虫というのもあり、経験を積めばパッと見でわかるようになります。

私はまだ修行中です。

 もうひとつある検査はOー157などの病原菌を検出するための化学検査です。

検査は会社によって多種多様のようです。

 

 

■害虫駆除の現場

 さて仕事とはいうものの、私は当初現場はどういうところなの?という疑問がありました。

他の方も気になるところだと思いますので記しておきます。

 

・飲食店

いるところにはいます。

理由は2つ。

①野外から隙間を縫って入ってくるから

たとえばクロゴキブリは外から中に入ってくるものなので、夏は特に多くなります。

②※察してほしいと思います。

 

 

・倉庫

 ネズミは歯を整えるために食べられない物でもかじる習性があります。

ネズミのかじった跡のある段ボールが店頭に並ぶのを見るなんて嫌ですよね。

商品を扱う倉庫でそんなことをされたらたまりません。

 あるいは法律上、穀物を補完する倉庫は保管の仕方が決められています。

たとえば15℃以下に保つ、ネズミ返しを設置するなどです。

ネズミの他にもコクゾウムシ、コクヌストモドキ、ノシメマダラメイガなども穀物を加害します。

 

f:id:onbullshit:20160902224557g:plain

f:id:onbullshit:20160902224538j:plain

 

意外と神経質なのが倉庫なのです。

 

・多種多様な施設

 本当に多種多様で例を挙げることはできません。

とにかく不快な害虫が出ては業務に支障が生じるおそれのある施設全般です。

 

 

■私がやりたかったこと

 害虫駆除の仕事と現場をお話ししました。

しかし最初に書いた通り、やりたかったことがありました。

それは具体的に言えば、

「動植物の名前・習性を経験的に知りたい。見てすぐにパッと名前が言えるようになりたい」

ということです。

 なので同定検査が一番やりたいことです。

あるいは検査業務、報告書、資料の作成です。

少しずつやらせてもらえるようになってきましたが、まだ一人で任せられるレベルではありません。

毎日毎日経験値を積まないと、同定能力は衰えると言われていますので日々勉強の状態です。

私のように『(就職において)動植物が好きだけど、大学は文系だったから諦めるしかない』という人は調べてみるといいかもしれません。

 では害虫駆除の将来性は?ということになるわけですが、今いる会社から見た将来性は……わかりません。

個人的には施設管理や食品関連の法律、あるいは世界的な風潮が厳しくならないと需要は伸びないと思います。

企業努力が叫ばれていますが、情報開示はほとんどなされていてあまり手の打つところがありません。

調べればたくさん出てきますからね。

「(市販の)トラップもあるし、スプレーもあるし、忌避剤もある。おまけに業務外の害虫駆除に予算使ってる場合じゃない」

というイメージがあると思います。

需要があるものの、契約は切られやすい仕事です。

仕事をして、仕事をするための対象が消えてしまえば、仕事できなくなるわけですから。

とはいえ、新しい施設だけで経済が動いているわけではありませんので需要は一定数あると言って良いと思います。

 

 

■私が考える害虫駆除適性検査チェック項目

  • オフィスより日々変わる現場で仕事するほうが気が楽だと思う
  • 一日中車の運転をしてもいい(忙しい日は一日に何件も回ります)
  • 車の運転がある程度上手い(狭い道も行く可能性)
  • 大量のゴキブリを見てもビビらない
  • 大量のハチに囲まれてもビビらない
  • 体がある程度細い(シロアリで床下に潜ります)
  • 高所や閉所での作業も平気だ(ハチ、シロアリなど)
  • ちょっとした重い荷物を持って階段を上り下りしてもまあいいかと思う
  • 色々な年代の人と接することができる
  • 不安を取り除くための情報提供を行う努力と準備を怠らない
  • 全ての動植物に興味がある
  • 会社の資料を片っ端から読み漁る自信がある
  • 一日中害虫を顕微鏡で見続けても飽きない自信がある
  • 多少の3Kは覚悟している
  • 汗だくも平気だ
  • 急な予定変更(現場の変更や時間の延長)が当日に起こってもパニックにならない
  • 残業や深夜もたまにはいいと思っている

 

 以上です。

害虫駆除の市販品はたくさんありますが、(作業員の経験も合わさって)やはり市販と業務用は効き目が違います。

需要は低いかもしれませんが、必ず一定の需要があります。

 たとえば学校の給食にクロバネキノコバエが混入していたというニュースが何年か前にありました。

 

www.j-cast.com

※記事の最後に個別の防除法として網戸を1mmのメッシュに替えることを紹介していますが、クロバネキノコバエはそれでも通り抜けてしまいます。あるところでは真夏でも窓も扉も締め切って給食を作っています。脱帽と感謝です。

 

クロバネキノコバエ

f:id:onbullshit:20160902220701j:plain

http://www.ikari.jp/gaicyu/06050d.html

より画像拝借。※所属している会社ではありません。

 

このようにすぐニュースになってしまうような施設は神経質です。

google検索で「学校給食」と打つとすぐに「学校給食法」や「学校給食管理基準」というワードが出てくることからも、うかがい知ることができます。

どこもかしこも最新の施設というわけにはいかないので、専門家の意見を反映して、改善していくしかないのです。