On bullshit

読書感想文、社会評論、その他を自分勝手に。

思ったこと 感じたことを そのままに

バンドリでアカウント復旧のために聞かれた質問一覧

バンドリ!ガールズバンドパーティ!みんな注ぎ込んでるか!?

私は無課金だ!!ごめん!

 

 

復旧のお願い

 

 携帯変えるときにうっかり引継ぎ設定をするのを忘れていました。ダメ元で聞いたところ色々質問され、結果復旧させることに成功しました。

 てことで、そのときに質問されたことを箇条書きにします。なお複数回のやりとりで聞かれたことすべてを箇条書きにしたため、復旧させるのに下記の情報がすべて必要というわけではない(?)と思います。

また、不明確でもいいので「レベル20~30くらいだったと思う!」というのもできる限り書いてほしいと言われたので、できる限りの努力をしたほうが良いようです。

 

基本情報

 

  • 復旧させたいプレイヤーID
  • ランクレベル
  • プレイヤー名
  • 一言コメント
  • 有償/無償スタージュエルの個数

 

バンドについて

  • 各バンドランク
  • メインバンドの構成
  • その他のバンド1~10のバンド名と構成メンバー
  • ☆4の所持メンバー

 

曲について

 

  • クリアした楽曲(エキスパート限定だったと思います。聞かれてはいませんでしたが、私はフルコンしたかどうかも併記しました)
  • (私と同様機種変した場合なら)最後にプレイした楽曲

 

その他

  • 最初にゲームを始めたときの年と月
  • 最初にゲームを始めたときに参加したイベント名
  • (私と同様機種変した場合なら)最後に参加したイベント

 

 

onbullshit.hatenablog.com

 

宗教勧誘のチラシが入ってたけど真面目そうなところだった。

 

onbullshit.hatenablog.com

 

 以前にも宗教勧誘が来ていました。まぁ時々ですけど。

でも今回は新顔でした。

 

マトモな紙2枚

 

 チラシには宗教名の記載はなし。内部誌(?)の説教(?)が記載された紙が2枚、ポストに入っていました。

 こういうとき大抵、聖書の引用があるものです。しかし両面刷りの紙2枚の文章は人生、心眼、心、尊い、などの字が並ぶ。

読み物としていいものでした。寺の前にこれが貼られていても違和感がありません。いいものです。「今、幸せですか?」とか聞いてくる宗教勧誘はクソです。腹立たしい。

 

マトモな宗教だった

 

 ところで勧誘にしては宗教名さえ記載しないとは一体何なのか。

調べることにした。

 おそらくこれだろうというものがヒットした。名前は伏せるが起源は中世ヨーロッパ、日本に協会が設立されたのは近代の協会でした。規模は世界で合計数千万人単位。新興宗教じゃなくてよかった。

 

マトモでよかった。ホントに。

 

 いやぁこれあれですね。完全に宗教の勧誘名簿に載ってますね、うちの住所(笑)

名簿屋から買うのでしょうか?情報共有しているのでしょうか?それとも偶然か。

 

 何回か相対してしまいましたからね。2~3年は何かしらの形で続くでしょう。紙が投函されるだけなら全然かまいません。

ただ個人的に見た瞬間「あ、ヤバい」と思うような微笑みや服装は本当にやめてください。こわい。そこで思うのは宗教って何だろうということ。

 

宗教の価値

 

 宗教的な幸福と、世間一般の幸福は違うような気がします。宗教を少し道具主義的に捉えると、前者は幸福と感じることに意義があるような気がして、後者は幸福と感じてから何をするかに意義があるような気がします。

幸福になるにはどうすればいいのか。あるいはそれを考えるとき、宗教は使えると思います。

私はまだいいです。でも聖書を学ぶという点では興味があります。だからチラシはが入るとちょっとうれしいのは内緒。

夢、見た。『毛布は大切』

 自分の部屋でぬくぬくと寝ていたら、兄が戸を開けて入ってきた。

何かと思うと兄は私の毛布をはぎ取って、その場でそれをかぶってぐうぐう寝始めた。

私は激怒した。

「お前が寝てるときになぁ!お前の毛布盗ったんねん!!」

 

そこで目が覚めた。

思わず「(怒る理由が)ちっさ」とつぶやいた。

仲はいいんですよ?

 

 

onbullshit.hatenablog.com

onbullshit.hatenablog.com

onbullshit.hatenablog.com

onbullshit.hatenablog.com

onbullshit.hatenablog.com

onbullshit.hatenablog.com

onbullshit.hatenablog.com

 

本、読み終えた。ブライアン・クリスチャン『機械より人間らしくなれるか?』

 「実はこのブログはAIが書いていたんですよ!」

「ナ、ナンダッテー⁉」

んなわけないです。(´Д`)

 

文庫 機械より人間らしくなれるか? (草思社文庫)

文庫 機械より人間らしくなれるか? (草思社文庫)

 

 

本書目次

第1章 “最も人間らしい人間”賞への挑戦
第2章 ボットにアイデンティティはあるか
第3章 「自分」とは魂のこと?
第4章 ロボットは人間の仕事をどう奪う?
第5章 定跡が人をボットにする?
第6章 エキスパートは人間らしくない?
第7章 言葉を発する一瞬のタイミング
第8章 会話を盛り上げる理論と実践
第9章 人間は相手の影響を受けずにいられない
第10章 独創性を定量化する方法
第11章 最も人間らしい人間

エピローグ ガラス食器棚の得も言われぬ美しさ

 

 

 twitterで話していた人が本当はチャットボットだったという話は世界レベルならいくつも起こっているようです。図らずもネット中心の私たちは人間と機械を見分けることができるのでしょうか?

 

 本書はチューリング・テスト――審査員が機械と人間の2者とチャットをして、チャット相手を機械か人間か判断する大会――で「最も人間らしい人間賞」を受賞しようと奮闘する話です。

著者はコンピューター科学と哲学の学位を、そして詩の修士も取得していることからテスト勉強(?)もそれらに偏っています。

 対策するべきは2つ。

  1. 審査員対策。人間らしい会話とは?
  2. AI対策。言葉にするためのアルゴリズムとは?

 

1について

 

 チューリング・テストはチャット、すなわち文章のやりとりになるわけですが、人間は文章だけで会話するわけではありません。

 たとえばアマゾンの奥地のピダハンという部族は口笛だけで会話ができます。そうでなくても、私たちは身振り手振りや表情でもコミュニケーションをできています。むしろそれができないのは発達障害などの診断が下りるようです。それが一能力としてのコミュニケーションに絞られた障害なのか、あるいは人間として欠陥があるのかはわかりません。とにかく人間は言葉だけのやりとりだけで生きているわけではありません。ロマンチックなシーンでは人間はただ黙っているだけのコミュニケーションもあります。そういった複雑なコミュケーションを審査員にアピールできるかがポイントです。

 しかしコミュニケーションを円滑にするために私たちは言葉と意味を固定し、拡散しています。‘’twitter‘’も「(鳥の)さえずり」や「(人間の)クスクス笑う」という意味よりもSNSの名称のほうが一番に浮かぶようになっています。AIも早く答えを出そうとすると全ての意味をリストアップするのではなく、一番ネット上に漂流している定義を優先します。携帯の予測変換のように。

 つまり人間はコミュニケーションがAIよりも複雑な一方で、円滑性を高めるにはコミュニケーションをAI寄りにする必要もあるということです。

「イラッシャイマセー。ゴ注文ハ、オ決マリデショウカ?」

 

2について

  語彙が多いと情報エントロピーは高まると本書は書いています。ある小説の第1章と同じ文字数で「あ」を入力して、両者を圧縮すると前者のほうが圧倒的に圧縮できる量が小さいことがわかります。

私たちが同じことを書く場合で「多々」とか「〃」とかのように省略するのも圧縮です。つまり圧縮量が小さい文章というのはそれだけ知的であり、機械的はないと言えるのではないか?そんなことを著者は考えてチューリング・テストに挑みます。

 

 

 まぁ本書の終わりは誰でも予想できるであろう終わり方になってます。「現実/今この瞬間が素晴らしい」みたいな締めくくり方。

そしてそれには同意せざるを得ない。AIはそれをわざわざ定義づけされなければ分類できないからです。そして私たちは過去を思い出して、思い出し笑いやフラッシュバックしたりします。過去を今のように思える。

人間は今を感じる。機械は今を入力される。

この違いが小さくなっていったら、私たちは人間と機械を見分けるのが困難になるでしょう。今でさえ難しいのに。

 

 訳者あとがきに紹介されていたチャットボットと会話できるサイトを掲載しておきます。日本語対応は確認したところ4つでした。

https://www.chatbots.org/

ただ訳者あとがきによると「会話らしい」会話はできなかったとのこと。英語より日本語のほうが複雑らしいです。だからといって複雑な言語を持つ民族・人種が最も人間らしいとは言ってはならないことですし、正解でもないです。

 「人間らしい」とは一体何でしょうか?創造性があることですしょうか?私は本来意味のない質問だと思っていました。「~~さんらしい」とは言っても「人間らしい」はただの反芻です。そこに機械が迫ってきています。

 ただし「人間らしい」というのは人間が評価した基準であり、評価対象は人間より下位であることを暗に言い表しています。逆に機械が評価しても人間はそれを拒否できます。現実を生きているのは人間だからです。だからこそ意思や心を持った機械の可能性に不安があったのです。

そんなことは関係ありません。ただ生きていれば人間なのです。実存は本質に先立つ。だから強い!

 

実存主義とは何か

実存主義とは何か

 

 

アトピー患者の運動は筋トレよりジョギングがいいかもしれない。

 私は前、アトピーを治すには運動しかない!と言いました。 

 

onbullshit.hatenablog.com

 

   ですが最近軌道修正しています。それは、筋トレ→有酸素運動に比重をシフトしたことです。

 全身の筋トレをすると、当然筋線維が膨らんで皮膚が張りますし、熱を持って乾燥すると最終的に痒くなっちゃいます。つまりマッチョマンの方向はアトピー患者にとっては至難の道。

「しばらく頑張れば(上のような症状は)減少するだろう」

そう思っていましたが年間を通してやってもあまり変わらずでした。

 今は登山から流れてトレイルランニングをしています。そのトレーニングの一環としてランニングと回数が多めの自重筋トレをしています。そこで劇的な変化が起こりました。

 

冬になっても痒くない!

 

 痒くなった経験がある部位は頭、耳、胸、乳首、腹、股間、太もも、膝裏、背中など。要はアトピー患者が経験する部位のほぼ全てを経験しています。冬になると特に背中が必ず痒くなって皮膚科に行っていました。

 それが今のところ、全く問題がないのです。唯一ときどき痒くなるのは下腹部です。運動して少しこすれるので。でもワセリンを塗っておけば大丈夫です。

風呂上がりに痒くなることもない。深夜に無意識にかきむしっていることに気づいて起きることもないから、当然爪に凝固した血が詰まっていることもない。体を動かしたくないと思うこともない。肌を見て憂鬱になることもない。寝不足になることもない。

 かいた跡は当分消えないでしょう。でも血、かさぶたがないだけで物凄い進歩なのです。

 

 ランナーには当然のことですが、この時期でも走れば汗をかきます。Tシャツ一枚になって、体から湯気が出るのを眺めることができます。走ることはそれだけ運動量が大きいのです。

 トレイルランニングではダンベルを使った筋トレも必要とされていますが、単純に健康のために走るのなら自重筋トレでいいです。

私は運動し続けるのが一番いいようです。私と同じように、大人になってからアトピーがぶり返した人、冷え症の人なら同じく効果的なのかもしれません。

私の場合は学生時代柔道をしていて、それがプツリと切れたことでぶり返したように思います。そう考えると私の場合は運動量が圧倒的に足りなかったから改善しなかったのだろうと考えています。

 じゃぁ月間どれくらい走ってる?と聞かれると、2017年10月は113km走りました。自転車での走行距離が102kmだったので合計では215kmくらいです。私はアトピーを現在克服(?)してスポーツとしてトレーニングしていますのでこれくらいにはなります。

 

mynature365day.hatenablog.com

 

3km走れば十分に汗をかきます。汗をかくことを目的として週3回3km走ると考えると、一月で36km。3kmは超スロージョギングでも20~30分。多くの人が確保できる時間だと思います。

 

 グーグルが医療面での検索に手を加えたことからもわかる通り、これは個人の感想であり、自己責任です。でもアトピーを改善するのに運動することは避けて通れない道だと思います。