読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

On bullshit

読書感想文、社会評論、その他を自分勝手に。

思ったこと 感じたことを そのままに

本、読み終えた。森口満『コケの謎ーーゲッチョ先生、コケを食う』

読書

 

コケの謎―ゲッチョ先生、コケを食う

コケの謎―ゲッチョ先生、コケを食う

 

 

 

 みなさんはコケを見ていますか?

道端に生えている苔(コケ)です。
都会を歩くとおそらく、ホソウリゴケやギンゴケ、チュウゴクネジクチゴケといったものを見ると思います。
わからないですよね。
でも図鑑を見ると違います。
そして生態が面白い。
 
コケは以下の3要素があります。
  1. 根がない。
  2. 水や栄養を運ぶ維管束がない。
  3. 葉からの蒸散を防ぐクチクラ層が未発達。
 
原始的な植物、それがコケなんです!!
ギンゴケは南極の昭和基地近くにも生えているんですよ!
しかも日本のものとDNA的にも近いらしい……。
実際に確かめられたわけではありませんが、コケの胞子が南極まで飛んだのかと考えると面白い!
 
 著者、森口満さんはゴキブリやドングリが好きなようですが、コケ好きの人に出会い、どんどんコケの世界に魅了されていきます。
その過程を描いたのがこの本です。
 
 この本には虫やキノコといった生物のマニアが登場します。
誰もかれもが、それにしか興味がないという、いわゆる「ガチ」な人たちです。
普通の人は森を見て楽しみますが、彼らは虫やキノコ、コケを見て森を感じ、楽しみます。
遠回りのように思われるかもしれませんが、このほうがよく理解できます。
 
 そういう私もその一端と言ってもいいと思います。
こんなエピソードがあるからです。
私が熱帯魚飼育からハマりだしたものがあります。
陸には植物、水中には魚がいるという環境を1つの水槽で完成させるというアクアテラリウムがそれです。
コケはアクアテラリウムを彩るのにスタンダードな選択肢でした。
そのときから、「いろいろなコケがあるもんだ。自然調達できるものはやろう」と街中や山中に分け入っていくことになります。
そうしたらもう止まりませんでした。
 
「これはコケ?藻?シダ?え、これがコケ?でもこっちはシダ……面白い!!!お、フデゴケだ!うわ!!ヒノキゴケの群落だ!!!おっきい!!ジャゴケながーい!!ああああそこp:おtれあ:pgr:pv!!!あの窪地えrげr:gぽmb:えr!!!………云々」
 
 いつしかアクアテラリウムをする一方で、コケも育てるようになり、採集して同定作業(名前を突き止める作業)にも没頭し始めるようになります。
これはそんなときに起きた事件です。
ハイゴケはすぐにわかりました。
しかしヒメハイゴケが見つかりません。
その間もせっせと他のコケを採集します。
そしてようやく山中の広場で半径5メートル以内を徘徊すること1時間以上……。
発見!!!!!!
似ているようで全然違う!!!
 
ヒャッホー!!!!!!
 
 
 
そんなとき、こんな声が。
「あれ絶対ヤバイ奴やって…」
見やると、女子高生くらいの背丈の女2人が登山スタイルでこちらを見ている。
私はといえば、左手には箱、右手にはハサミ、ポケットからはフライパン返しが突き出ている。
そして興奮したニヤリ顔……。
そりゃそうなるわ、と(笑)
 
 生き物のマニアは家もマニアックです。
1つの部屋が趣味で占拠されますし、財布も軽くなっていきます。
知り合いになるには注意です。
 
 しかしこの本に出てくる人はみなさん親切です。
ただ興味がないことには冷めた視線を浴びせるだけです。
それがちょっと強いだけです。
 
 最後に言いたいことがあります。
コケはしっかりと処理をすれば、家の中でも育てることができます。
野外ならなおさらほったらかしでOKです。
緑を置きたいけど、ズボラだし。
という方は、なんでもいいので書店にあるコケの本を見てください。
あるいは山とかでコケを見つけたら触ってみてください。
コケが好きな人の気持ちがわかるかもしれません。
 
本書のタイトルにもある通り、コケは一応食べられます。
死にはしません。
登山をされている方でしたら、オオミズゴケのてんぷらを食べた方がおられるかもしれません。
しかしそれは序の口です。
しかめっつらを直せないほどに、辛いコケ・苦いコケ臭いコケがこの世にはたくさんありますから。